「未分類」カテゴリーアーカイブ

足の悩みは一生もの

コンプレックスなら数え上げればきりのない私ですが、若い頃から一番自分の体の中で嫌いなのは〝脚〟でした。もともとがO脚な上、そんなに太っていないのにふくらはぎはパンパンでまるで〝シシャモ脚〟の見本みたいです。

しかも足の毛が濃い。去年やっと脱毛が終わって、その悩みは解消されましたけどね。職場のある所沢市でなるべく安い良さそうなサロンを見つけて通いました。(※所沢市で脱毛するなら?脇・全身脱毛が安いおすすめサロン情報

10代から20代の頃、ミニスカートが流行って、周りの女子がこぞっておしゃれを楽しむなか、私はコンプレックスを隠すことに一生懸命で、常にジーンズかロングスカートを着用。本当に悲しい思いをしました。

どんなに〝スラリと伸びたカモシカのような脚〟にあこがれたことか…。
「努力をすれば少しはましになるかもしれない。」

一縷の望みをもって、脚が痩せるというクリームを塗ってマッサージしてみたり、発刊効果を高めようとラップをぐるぐる巻きにして寝たりいろいろ試しましたが、悲しいかな〝シシャモ〟はいつまでたっても〝シシャモ〟のまま。

そのうち、実はこの脚の形が〝遺伝〟であることに気づき、すっかり戦意喪失…。

私の祖母もまったく私と同じ〝シシャモ脚〟だったのです。母には遺伝してないのに、まさかの隔世遺伝です。
若かった私は本気で祖母を恨みました。この短くてみっともない形の脚が先天的でどうしようもないものだと気付かされたからです。

私はその時ミニスカートを履く夢をきっぱりあきらめたのでした。

そしてもう一つミニスカートをあきらめた理由が、足の毛です。これも遺伝なのか、周りの人たちと比べたら明らかに毛深いんですよね(*_*)

この毛深さも原因でミニスカートを履くのを諦めたのもあります。当時は今と違って脱毛を手軽に受ける事も出来なかったですしね。

今は値段的にも手ごろになって、レーザー脱毛が受けやすくなっていますよね。

中年となった今では、見た目に対する執着心が薄くなったせいか昔ほど自分の脚を毛嫌いすることはなくなりました。

むしろ、その後亡くなった、やさしかった祖母の血を確実にひいているのだと思うと、祖母にそっくりな脚に愛着さえわいています。

でも周りに何と思われようと、やっぱり一度くらい履いてみればよかったなぁ、ミニスカート。

コンプレックスのあまり〝美しい脚〟にこだわり過ぎていた若い私に〝喝〟を入れてやりたいです。

冠婚葬祭で至急お金が必要に!

これは都市部に住む人には、今では考えられないことかもしれませんが、私が住む地方の小さな田舎町では、親戚でも、友人でも、職場の同僚でもないのに結婚式の披露宴にお呼ばれすることが多々あります。

それは、単に同じ自治会だからという理由だけです。

特に農家は、長男の結婚式となると大勢の人を呼ぶ傾向があり、結婚する本人をよく知らないのに、親の付き合いだけでお呼ばれすることもあるんです。

「何でウチに招待状が来るわけ?」と私は不思議に思ってしまう方なのですが、夫は「それが普通だろ」という感覚らしく、未だに理解できない所であります。

さほど深い付き合いがなくても、ご祝儀はしっかり包まなければならないので、納得いかない出費となってしまいます。

お葬式も同じようなものです。
また不思議なもので冠婚葬祭って重なることが多いんですよね。
夫が披露宴の招待状を持ってくると思わず「またなの!?もう勘弁してよ」と口に出してしまいます。

さほどの付き合いがなくとも、今のご祝儀の相場は3万円。
これが立て続けにあったり、お葬式でも重なろうものならすぐに、10万円近い出費になることがあるのです。

そんな時はホント焦ってしまいます。
「お金どうするのよ」と主人に詰め寄ってみても「こればっかりは断れないから仕方ないだろ」と言うだけ。

必死でお金のやりくりをしてご祝儀代を確保しなければならないのは、いつも私の役目です。
正直、田舎の付き合いというものが嫌になる時があります。

以前、離婚した農家の長男が再婚するということでまた披露宴に呼ばれ、二重にご祝儀を払った経験があります。

「二度目は身内だけでやれよ!」と心の中で叫びながら、招待状を持ってきた本人には「おめでとうございます」と笑顔で応えなければならない矛盾…。

ドライな都会の付き合いがうらやましくなる時もあります。

そんな事情があるので、冠婚葬祭費などの臨時の出費に備え、ある程度の予備費としていつも準備しているお金はあるのですが、それでも足りなくなる時があるのです。

そんな時は至急お金が必要だって強く感じます。

実家の親にこっそり借りに行ったこともありますし、カードローン(※カードローンを利用する前に…プロミスとアコムどっち?)に頼ったこともありますが、出来れば借金はしたくないので、もう少し付き合いが薄くなってくれないかなと思ってしまう私です。

身長が高すぎる・毛深いのが私のコンプレックスです

私は身長が170cm以上あり、それがすごくコンプレックスになっています。

小さいころからずっと背の順は一番後ろで、小さい女の子を見るとうらやましくてたまりませんでした。

それでもいつかは身長は止まるだろうと思っていたのですがなかなか成長期は止まらず、気付くとこんなにも大きくなってしまい、今では男の人とそう変わらないくらいになっています。

そのためファッションでもすごくかわいいと思ってもヒールのある靴は履くとものすごく大きくなって目立ってしまうため履くことができません。

ヒールを履かないとやはり足はすごく太く見えてしまうのはわかっているのですがそれでも180近くなるよりはましなのでどうしても避けてしまいます。

同じようにボーイフレンドのデニムも小さい女の子が穿いているとかわいいけど私みたいに大柄な女の人が着ると男の人みたいに見えるのではないかと思って一時期まで履けず、スカートばかり履いていたときもありました。

体重管理は人よりもすごく気にしていて身長が高い分少しでも太ると人より目立ってしまうんではないかと不安で、大柄な分華奢に見せたいという気持ちが強いです。

そのため毎日体重計に乗って体重を管理し、足もしっかりリンパマッサージをして下半身が太くならないように気を付けています。

そして気付くと歩いていると猫背がちになっていて、これは学生時代からの癖なのですが少しでも小さく見せようと体を丸めてしまいます。

大人になって頭では逆にみっともないことだとわかっているのですが体に染みついているのかなかなかその癖が治りません。
そのため最近は歩いているときにガラスに映った自分を見て姿勢を強制するように心がけています。

人からは身長が高くてスタイルがよくてうらやましいとよく言ってもらえますが、私の理想はやっぱり小さくて華奢な守ってあげたくなるような女の子です。

私みたいな体系だとどうしても強そうに見えてしまいがちですし、なかなか自分もキャラを考えてしまって人に甘えることができません。

それでも学生時代よりは自分のこの体系もずいぶん受け入れることができ、いろんなメリットも見えてきたのでこれからはもっと自分を好きになれるようファッションも勉強してよりこの体系を活かせる立ち振る舞いをしていきたいと思います。

それと、毛深いのも悩みの一つです。背が高くて毛深い…。どう考えても男ですよね。

学生時代にも男みたいと、何度言われたことか。

でも、この毛深い悩みに関してはようやく解消できそうです。なぜならば脱毛するからです(^^♪

名古屋で永久脱毛が出来るクリニックに行くことになったんです。<こちら…http://xn--hdks627tq6e3fz28bzq0ahva832m.com/

ちょっと脱毛費用は高くなりますが、今までの悩みが改善されると思ったら安いもんです。早くツルツルの肌になりたいです!

カミソリはいいことがない!

自己処理で困っていることといえば、VIOの毛の処理方法です。私はもともとほかの部位は毛が薄いので、剃ってからも2,3日はつるつるの状態を保てます。

しかしVIOだけはなぜか濃いのです。普段はあまり毛を剃らないようにしていますが、夏はビキニを着るので仕方なく剃ります。

まず、ボディソープを泡立てて、敏感肌用のすこし値段が高めのカミソリをつかって剃っていきます。毛の流れと反対に剃ってしまうと、つるつるにはなるのですが、赤いぽつぽつがでてしまいます。

しかも、デリケートな部位なので、ぽつぽつだけではなく、激しいかゆみがでます。せっかくのビキニも、かゆみがでてしまうと旅行などに行っても気になってしまって最悪です。

極力肌に負担がかからないよう、毛の流れにそって剃ったとしても、深く剃れないので、翌日には生えてきてしまいます。

その短い毛が下着にあたってちくちくします。なのでどちらにしろかなりの不快感です。

また、VIO以外に、自己処理によってかなり濃くなってしまった部位があります。それが腕とふくらはぎです。

夏は肌がでるので、週2,3回は剃っていました。もともと濃くはないので、剃っても痛みがでることはなかったのですが、数年後、毛の色が濃くなってきてしまいました。

剃りすぎが原因なのか、なんなのか調べてみると、カミソリによる毛の断面が原因とのこと。なので今は剃る回数をとにかく減らすように努力しています。で

すが、何年も剃り続けていたのでなかなか毛の濃さはかわりません。ふくらはぎと太ももだと別人かのように毛の濃さがちがいます。

こうなることを知っていれば、カミソリなんか使わなかったのに、と思いますが、知人は毛抜きを使用していて、毛穴が炎症し赤くなり、ぼこぼこした状態になってしまったと言っていたのでそれよりはましかなと思います。

カミソリを使っていて、毛を剃るだけでなく皮膚自体をかなり傷つけていると思うので、本当にどうにかしたいと困っています。

脱毛サロンでちゃんと処置してもらえば、こんなことにならないらしいです。もう嫌気がさしてしかたないので、脱毛サロンにようことにしました。

愛知県安芸市で脱毛したいなら⇒愛知県安城市の脱毛サロン※人気で安いサロンを見つけたよ!

脱毛したい6つの場所(女性)

身体の中で脱毛したいところは、腕、手の甲、太もも、すね、背中、胸です。

まず腕に関しては、ノースリーブや半袖の服、水着等を着用した場合、一番目につくところだと感じるからです。ケアを怠っていると、なんだか女子力が無さそうに見えたり、誰かにふと触れたときに、チクチクしたりするので、相手も不快に感じるのではないかと思います。

次に手の甲です。この部分は意外と節穴です。意外に見られていることがあるので、ここもケアするとなお良いでしょう。この部分がきれいだと、より清潔感あふれるイメージになります。

太もも、すねに関しては、スカートや半ズボンを着用したときに目立つ部分ですが、ここも生えていると、女子力は無さそうに見えてしまいます。すね毛って男の人が生えているイメージがあるので…。ここをきれいにすると、ケアを怠らない清潔感あふれる女性に見えるのではないかと思います。ここをケアするだけで、自信を持っていろんな服に挑戦できると思います。

次に背中ですが、ここも盲点です。水着を着たときにあらわになります。また、ドレスを着用した場合も同様です。ここをケアすると、より女性らしいキレイな印象を与えることができると思います。結婚式に自信を持ってドレスを着たいですよね。忘れずケアしたいところです。

最後に胸ですが、女性の場合ですが、妊娠出産を経て、いざ授乳で母乳を与えようというときに胸を出して子どもにくわえさせると、くすぐったがっているように見えてしまいます…。たとえ本人は気にせずにゴクゴク飲んでいても、こちらとしては、あぁ、こんな胸に接触させてしまってごめんね、と申し訳ない気持ちになってしまいます。

そうなると、子どもとの幸せで大切な時間のひとつである授乳が、そうでないものになってしまう可能性もあります。日々の育児で追われる中、授乳は幸せのひとときでもあります。そんな時間を少しでも心地良いものにするために、こちらの方もケアしたい部分のひとつです。

私は兵庫県の三宮に住んでいるので、このサイト(※脱毛三宮)で脱毛について参考にしています。

より脱毛効果が早く出せる複合マシンを使用した脱毛プラン

脱毛の技術は年々進化しています。現在の脱毛サロンで行われている脱毛方法はレーザー脱毛、電気脱毛、光脱毛になりますが、サロンによっては複数の波長の異なる光線やレーザーを使用して施術を行うところもあります。

電気脱毛は、ニードルを使用して脱毛を1本ずつ行い、確実に永久脱毛効果は出ますが、体への負担が大きくなります。レーザー脱毛は電気脱毛よりはかなり体への負担も軽減されていきますが、それでも脱毛の処理に要する時間は長い傾向にあります。そして、現在主流の光脱毛については、一度に広範囲の脱毛が可能ですが、永久脱毛効果が電気脱毛やレーザー脱毛より落ちてしまいます。

また、それぞれの脱毛で使用されるレーザーや光線はサロンによっても異なります。そこで、より高陸良く脱毛ができる為に、複数の脱毛方法、あるいは複数の光線やレーザーを使い分けて脱毛をするという方法があります。

いわゆる複合マシンと呼ばれる脱毛機器で、通常の脱毛コースに比べると高額になりますが、短期間でより早く永久脱毛効果が得られるというメリットがあります。複合マシンを取り扱っているサロンは全国的にもまだ少ないようですが、今後はますます増えていくのではないでしょうか。

また、脱毛効果を出すだけではなく、脱毛の為のレーザーや光線と併用して、美肌効果やシミに効果があるレーザーや光線を併用してケアを行うサロンも徐々に出ています。脱毛効果だけではなく、美肌効果も得られるというのはまさにに一石二鳥といえます。